投資家をしているという42歳のセレブな女性とのメールが一番頻繁に続きました。
メールという文字だけの世界ですけれど、日頃モテたことのない自分にとって見ると、素晴らしく刺激を得ることが出来たのです。
異性と文字だけとはいえ、これほど親しくやりとりをするといった経験がありませんでした。
メール交換というものだけども、こんなに楽しいものなのかって感じでした。
友達とするそれとは全く違う高揚感を感じながら、一日に何度も繰り返しメールのやりとりをしていたのです。
相手の方もかなり積極的になっていろいろと書いてくるのです。
「夫とはセックスレスだから、凄く身体が疼いて仕方がない」
「あなたのメールを見ながらオナニーをしています」
こんなこと書かれて男としてはものすごく良い気分になっていくものです。
自分でも女性を感じさせることができるのだ!といった自信に繋がっていきました。
この女性だったら実際にあって、初めての経験をすることができる!童貞卒業にかなり近づいていると思いました。
「童貞の男の子は大好き、可愛いから」
童貞狩りと言うような雰囲気も漂わせていて、どうしてもセフレになりたくて仕方がなくなっていました。
彼女とメールをやりとりして、かなりいい感じだったので誘ってみたのですが、すぐには無理という事でした。
仕事の都合があると言うことと、心の準備がまだ出来ていないからと言うのです。
「でも会うことが出来たら、いーっぱいセックスをして欲しいです。

ちゃんとお礼を支払います」
と言うことを言ってくれました、その言葉を信じて彼女とのメール交換を続けていたのですが、結局のところ40日ぐらいが経過していました。
幾ら何でもそろそろと思った時なんですが、利用していたサイトからメールが届いたのです。
それはサイトの利用料を支払えといったものだったのです。
その金額は10万円近くだったのですが、驚いてしまいました。
無料サイトだったはずなのに、なんでお金のかかるの?って感じでした。
知らない間に、優良の出会い系サイトに登録させられていて、そちらを利用している女性とやりとりをしていたと言うことが、メールのドメインなど観て理解することが出来たのです。
ただひたすら呆然としてしまいました。